KUGURUについて


とんがりビル1階奥にある洞窟のような空間「KUGURU(くぐる)」は、ギャラリー、シアター、レクチャースペース、ライブハウス、ワークショップスペースなど、TONG▲RIに集うクリエイターたちによって、さまざまな場や用途に変容するアートとデザインの実験場。山形・東北のみならず、私たちと同じ価値観やライフスタイルを共有する人々とともに、この時代をくぐり抜ける画期的なアイデアや、魅力的なモノ・ヒト・コトを紹介していきます。

KUGURU People

  • 宮本武典|Takenori Miyamoto
    クリエイティブディレクター。1974年奈良県奈良市生まれ。武蔵野美術大学大学院で絵画を学び、海外子女教育振興財団(泰日協会学校/bangkok, Thailand)、武蔵野美術大学パリ賞受賞により渡仏(Cité Internationale des Arts, Paris)、原美術館学芸部アシスタントを経て、2005年に東北芸術工科大学(山形市)へ。2019年3月まで同大学教授・主任学芸員を務める。
    展覧会やアートフェスのキュレーションの他、地域振興や社会貢献のためのCSRや教育プログラム、出版活動などをプロデュース。企業やNPO、行政と公共施設、教育機関のパートナーとして、クリエイターと地域資源・ものづくりの技術・伝統文化とのコラボレーションを推進し、その芸術的な可能性や社会的役割を探求しています。
    「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」プログラムディレクター(2014, 2016, 2018)、東北復興支援機構(TRSO)ディレクター(2011〜2017)、とんがりビルキュレーター(2015〜2018)、東根市公益文化施設「まなびあテラス」芸術監督(2016〜)。 現在、角川文化振興財団にて新美術館(所沢市に2020年/隈研吾氏設計)の開館準備中。
    (ポートレート撮影:志鎌康平)

  • 坂本大三郎|Daizaburo Sakamoto
    山伏/千葉県出身。山伏との関連が考えられる芸術や芸能の発生や民間信仰、生活技術に関心を持ち祭りや芸能、宗教思想の調査研究をおこなう。現在は山形・東北を拠点に自然と人との関わりをテーマに執筆・制作活動をしている。2016年にはこれまで出会ったモノや本を扱う店「十三時(http://13ji.jp/)」を山形市にオープン。著作に「山伏と僕」「山伏ノート」など。

  • 竹内 昌義|Masayoshi Takeuchi
    建築家/みかんぐみ共同主宰、東北芸術工科大学 教授。1962年神奈川県生まれ。東京工業大学工学部建築学科卒業。同大学院修士課程終了。1995年みかんぐみ共同設立。2000年から現在、東北芸術工科大学 教授。代表作にNHK長野放送会館、愛•地球博トヨタグループパビリオン、伊那東小学校、マルヤガーデンズリノベーション、万世橋再開発計画、最上の老人ホームなど。著書に「団地再生計画/みかんぐみのリノベーションカタログ」「POST=OFFICE」「未来の住宅/カーボンニュートラルハウスの教科書」「図解エコハウス」(いずれも共著)「原発と建築家」など。

  • 馬場正尊|Masataka Baba
    Open A ltd.代表取締役/1968年佐賀県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科大学院修了。1994年より(株)博報堂にて「世界都市博覧会」「東京モーターショー」などの大型事業の計画・実施に携わる。1998年早稲田大学理工学部建築学科博士課程、雑誌『A』編集長を経て、2003年Open A Ltd.設立。現在、設計活動、都市計画、執筆などを行う。著書に『R THE TRANSFORMERS ~都市をリサイクル~』、『東京R計画』。設計にレゾナンスオフィスのインテリア、東日本橋のコンバージョン集合住宅、トヨタ産業技術館エピローグなどがある。

  • 小板橋基希|Motoki Koitabashi
    デザイナー/アカオニ代表。1975年群馬県生まれ。大学入学で山形に移住。卒業後、「自然・暮らし・遊び・食べ物」に魅せられアカオニデザイン設立。ウソのない本質の見えるデザイン。使い捨てでない継続性のあるデザイン。新しい価値観を作る未来につながるデザイン。それらをモットーに、日常に潜むみんなの意識の境界にある幻想のようなものを、愉快な形にするとこ考え、「アカるくすなオニ」営業中。

  • 運営

    株式会社マルアール
    山形県山形市七日町2-7-23
    023-679-5433
    info@maru-r.co.jp
    http://maru-r.co.jp

スペースの貸し出しについてこちらをご覧ください